ぐっちゃんは語りたい

ぐっちゃんヌンティウスは語りたい

世界一周の出来事を綴るブログです

gu3zamuraiの日記

MENU

カローからインレーへのトレッキング1日目 花畑の中心で愛を叫ぶ

ミンガラバー!!セカチュー世代のぐっちゃんヌンティウスです☆ミ


本日はカローからインレーへのトレッキング、1日目について記載しようと思います。



清々しい朝です。ラジオ体操したくなる、そんな気候です。ラジオ体操第2まで踊り切る勢いです。




朝8時に、昨日ツアー予約したUncle Sam Travel Toursのオフィスに集合です。


この時、トレッキングに持っていかないメインバッグパックはツアー会社が目的地のインレーまで、持って行ってくれます



フランス人4人、日本人2人、ミャンマー人ガイドさんと7人で歩き始めます






こんな景色の中、インレー目指してトレッキングです



トレッキングといっても体力に自信がない人でも余裕な感じです




荒んだ心が回復していきます、、


大体、1日20キロくらい歩きますが、景色が綺麗なのであっというまです


点在した、少数民族の村々を回ります





英語ガイドのミューミューが、立ち止まって色々説明してくれます。





水牛を連れた人と何度もすれ違います






水牛は農業の時は大活躍してるみたいです。



牛ってめたんこ可愛いんですね




SHAPINという学校のある村で昼休憩です



昼ごはんは焼きそば、スープなど十分な量がでてきます




昼ごはんを作ってくれたおじちゃん、可愛めです






それにしても、ほんまに景色が綺麗です





人生もう嫌や、なんて思うことも人間あると思うけどここでそんな感情消えていってもうた





綺麗なお花が見えてきました







これはゴマの花らしいです


ミューミューが、「ゴマの花咲いてるとは、運が良いね!」って言ってました



ミューミューもテンション上がってお花たちを撮影してました



ヌンティウスも、年齢を重ねるにつれてお花の良さに気づき始めました



やっぱり自然が好きやぁぁああああああ




牛さんも気持ちよさそうです、来世牛になったらミャンマーに生まれて一緒に入りたい



このへんは農業で生計を立ててる人が多いみたいです。


唐辛子、ウォーターライス、しょうが、ゴマなどが名産のようです




まじで景色がお綺麗で、もうヌンティウス遂に神になったんかなとおもう勢い




ばあちゃんも素敵



おっちゃんも素敵



手がめっちゃ器用




こんな山奥にもパゴダが立ってます




本日の宿泊場所に着きました



宿泊場所は、現地に住んでいる人の家にホームステイさせていただきます





布団の色がきゃわわ




昼の3時半くらいに到着したので、村を散策します




子供ちゃんも




おっちゃん達も




のんびり、のんびりしてます



ちなみにこの中の奥にいる人、アーセナルユニフォームきてて、こんな山奥にもファンがいるアーセナル最高やんってなったよね




MAXせっかちなヌンティウスもほわほわりしてました





ミューミューが晩御飯を作ってくれてます






晩御飯はこんな感じ!


品数も多くてね、満足




味は割と薄味。日本人が好きな味だと思います。




シチュエーションもあると思うけど、ここで食べたごはんがミャンマーいち美味しかった、、








泊まらせてくれたおじさん、おばさんです


少数民族のバオ族の方々です


ここの人たちは現地の言葉を使うので、ミューミューが通訳してくれます



このおじさんが「僕らはお金の面やビザの面で海外にはほとんど行くことはできないけど、こうやっていろんな国の人がここに来てくれていろんな人と話ができるから嬉しい」と話されていました








この村には電柱なんてものは存在しませんので、すごく夜空が綺麗でした。








いつになく真面目な記録になりましたが、ミャンマーで1番記憶に残ってる3日間で、ミャンマーの良さを伝えたいのです。







ランキングポチッとおしちゃいな☆